Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/monomonohp/monomono.jp/public_html/wp-content/plugins/types/vendor/toolset/types/embedded/includes/wpml.php on line 644

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/monomonohp/monomono.jp/public_html/wp-content/plugins/types/vendor/toolset/types/embedded/includes/wpml.php on line 661
白木の器作り・その14「仕上げ削り工程」の実際|モノ・モノ

白木の器作り・その14「仕上げ削り工程」の実際

秋岡芳夫の盟友、時松辰夫(アトリエときデザイン研究所代表)に師事した木工家・有城利博さんが、白木の器の作り方をレクチャーする連載企画。今回は生木を使った木地製作(荒挽きから木地調整まで)の工程のうち、「仕上げ削り」の工程がくわしく紹介されています。

文: 有城利博(木工家・ありしろ道具店代表)

仕上げ削り工程で使用する「測る」道具類
仕上げ削り工程で使用するメジャー類。左から順に片パス、型、外パス、高さ決め治具、深さ決め治具。

こんにちは。ありしろ道具店の有城利博です。

前回のブログでは椀木地の「中削り工程」を紹介しました。中削りを終えると、再び木地を乾燥させます。荒削り後の乾燥と同じく、重さの変化を量り、形の歪みを観察。木地の動きが止まった時点で仕上げ削り工程に進みます。早いものでは1ヶ月ほどで仕上げ削り工程に進むことができます。今回のブログでは、中削りを終えたホオの椀木地を使って、「仕上げ削り工程」を解説します。

仕上げ削り工程では、木地を一定のサイズに仕上げるため、自作の型や治具、片パスや外パスなどのコンパス類を使います。特に型は均一な形の木地を作るために重要な道具ですが、師匠の時松辰夫先生からは、「型をあてるのは2、3回だけ」と言われたことがあります。

私はまだ何度も型をあてて確認してしまうのですが、時間もかかりますし、器の形をすぐにイメージできないので、その迷いが形に現れてきてしまいます。毎日使う器は、作り手の迷いを感じる形よりも、おおらかで素直な形がいいですものね。時松先生のように、型を2、3回あてるだけで形がぴったりと決まるようになるには、まだまだ修練が必要だと感じています。

木地かんなで表面を削る
仕上げ削りは、木地かんなで表面をわずかに削ることからはじまる。

仕上げ削り工程でも、荒削りや中削りと同じ「木地かんな」をまずは使用します。中削りで大体の形まで削り込んでいるので、1、2ミリほど薄く、逆目が起きないようていねいに削っていきます。型を当てながら削り、ほぼ型通りに削れたら、次は「仕上げ刃物」の登場です。

いろいろな形の刃先をした自作の「仕上げ刃物」
仕上げ刃物は自作。器の形状によって刃先の形が異なる。

「仕上げ刃物」は、金属切断用のノコギリをグラインダーで削り、刃先を自分用に成形します。作る器に合わせて刃先の形を調整します。この「仕上げ刃物」を使用することで、より器の形の微調整ができて、起きた逆目も抑えられます。「木地かんな」もそうですが、「仕上げ刃物」も高速で回転する木材を削るので、すぐに刃が切れなくなります。そのため常に砥石を横に置いて、挽いては研いでをくり返す作業になります。

「仕上げ刃物」を使用して形を整える様子
「仕上げ刃物」を使用して、木地の微妙な歪みを取り除く。

「仕上げ刃物」を使った微調整が終わったら、最後にサンドペーパーで磨いて仕上げます。番手は80番、100番(もしくは120番)、150番、220番を用意しています。針葉樹などのやわらかい木は、100番からスタートする場合もありますが、大体この4種類のサンドペーパーを目の粗いものから細かいものへと順番に使っていきます。

サンドペーパーは使いやすいように配置
サンドペーパーは番手ごとに壁に掛けて保管。番手を間違えず、すぐに使える。

サンドペーパーを使用する時は、ベニヤ板で作った「当て木」を利用すると、木目に影響されずにきれいな面にすることができます。曲面の場合は40番くらいの使い古したサンドペーパーを細かく切って、それを「当て木」として活用しています。

ここで注意したいのは、サンドペーパーをかけたときに発生する摩擦熱です。熱によって木地が歪んだり、ときにはヒビが入ることもあります。形の修正や逆目取りを、サンドペーパーだけに頼って必死に磨いていると、思いもよらない失敗をすることがあります。サンドペーパーはあくまで微調整で使うという心がけが大事です。

曲面のサンドペーパーがけの様子
曲面のサンドペーパーがけの様子

仕上げ削りは、木地かんな→仕上げ刃物→4種類のサンドペーパーという流れで、器の外側、内側とそれぞれ行う。

塗装前の椀木地
塗装前の椀木地

これで椀木地の完成です。次回のブログでは、この木地にプレポリマー(業務用の木固め剤)を使って塗装をします。というわけで、いよいよ次回が最終回となります。前回紹介したヤマザクラの器も完成写真もお見せしますので、お楽しみに。

著者の紹介

有城さん

有城利博(ありしろ・としひろ)

木工家 ありしろ道具店代表

1974年福井県生まれ。東北大学文学部卒業後、新潟県で家具製作に従事。2005年に伊豆へ移住。NPO法人伊豆森林夢巧房研究所で、木工デザイナー・時松辰夫氏に木の器作りの手ほどきを受ける。2011年にありしろ道具店を設立。地元の旅館や飲食店向けに業務用の食器やテーブルウェアの製作を行う。
ブログ:ありしろ道具店

※有城さんが白木の器に使用している木工塗料は、「木固めエース普及会オンラインショップ」で購入できます。

関連する記事
RELATED ARTICLES

記事の一覧へ