「モノ・モノの金接ぎ教室」開講のお知らせ

浄法寺漆研究の第一人者で、日本工芸会正会員の町田俊一先生による金接ぎ教室を、2019年8月から開講します。国産漆の背景や特性などを専門家に学びつつ、プロの道具を使った正統派の技法を習得できます。ステップアップを目指したい人におすすめの講座です。

主催
モノ・モノ
開催日時
全6回  8/4日(日)、 8/18(日)、 9/1(日)、 9/15(日)、 10/6(日)、 11/17(日)
開催場所
モノ・モノ (アクセス情報)
参加方法
当ページの予約フォームより予約
参加費
40,000円(税別)全6回・定員6名
お問合わせ
03-3384-2652(モノ・モノ)
金継ぎ

ブームは通り越し、すっかり人気が定着した感のある金接ぎ教室。モノ・モノのある中央線の沿線だけでも、複数の会場で金継ぎ教室が開催されています。ひとくちに「金継ぎ教室」といっても、レベルや修復法もさまざまです。本漆を使った本格的な連続講座もあれば、合成樹脂を使った1日だけの体験教室もあります。モノ・モノの金接ぎ教室は前者です。漆のことを知り尽くした専門家を招き、プロと同じ道具を使い、全6回のコースでじっくりと学べます。より詳細な講座内容は、7月10日(水)に開催する事前説明会でお伝えします。
※満席となりました。現在キャンセル待ちでのお申し込みを受け付けております。

講座概要

説明会7月10日(水)19:00〜20:00  ※予約不要 場所:モノ・モノ
日程(全6回) 8月4日(日)、 8月18日(日)、 9月1日(日)、 9月15日(日)、 10月6日(日)、 11月17日(日)
※悪天候や講師都合の休講が発生した場合、12月1日(日)を予備日とします。
時間14:00~17:00
定員6名
受講料全6回 40,000円(税別) ※材料代含む、道具代は含まれていません。
申込締切日7月24日(水)

講座内容

1回目 : 方法や道具の説明と器のチェックと養生
2回目 : 割れの接着と欠け埋めの材料作り
3回目 : 接着部分、欠け埋め部への下地つけ
4回目 : 割れ欠けの下地調整と漆の下塗り(1)
5回目 : 割れ欠けの下地調整と漆の下塗り(2)
6回目 : 下塗り研磨、上塗りと粉蒔き

講師略歴

町田俊一さん

町田俊一(まちだ・としかず)

漆芸家

1951年東京都生まれ。千葉大学工学部工業意匠学科(現・デザイン学科)卒業。同大学大学院修了。在学中に漆芸家の音丸香氏(人間国宝・音丸耕堂のご子息)に師事。1978〜2012年まで岩手県工業技術センター勤務。在職中に浄法寺漆器の復興に関する論文で博士号を取得。産地振興と浄法寺生漆の活用に関する研究を長年行う。『漆工辞典』(角川学芸出版)の執筆にも関わる。同センターの企画デザイン部長、理事を歴任した後、2012年に退職。2014年、岩手県盛岡市に町田俊一漆芸研究所を設立。2019年、岩手県八幡平市へ工房を移設。日本工芸会正会員。
ホームページ:http://lakka.craft-jp.com/

講師からのメッセージ

長い間使ってきた器は、その価格にかかわらず、使う人にとって大切なものであり、そんな器が漆によってまたよみがえるのはささやかな、でもとても大きなよろこびです。そのよろこびをもっと多くの人とわかち合いたいと思い、住まいのある盛岡だけでなく、東京でも講座を開設することにしました。

漆は二千年以上前から使われ続けている、すばらしい天然の塗料で、採取方法から塗装法まで伝統的な技法が確立されています。今回の講座では、伝統的な技術の一端にも触れていただきたいと思い、本漆を使用し、漆器づくりの技術、材料、道具を用いて金継ぎを行います。

漆は硬化に時間がかかるため、じれったく感じることもあるかもしれませんが、愛用してきた器がまたよみがります。また、講座では漆と漆器に対する正しい知識を身につけていただき、陶磁器だけでなく、漆器の魅力にも触れるきっかけとなればうれしく思います。

金継ぎ

お申込み・お支払い方法

下記の専用フォームからお申し込みください。お申込み受付後、メールでお支払い方法をご案内します。決済方法はカード、コンビニ決済、ゆうちょ決済、銀行振込からお選びいただけます。受講するかどうかお悩みの方は、7月3日(水)19時から開催される事前説明会にお越しください。講師がくわしい内容を説明し、質問にもお答えします。説明会当日のお申込み・現金でのお支払いも可能です。

金接ぎ道具販売のご案内

金継ぎはただ単に割れや欠けを接着金継ぎするだけでなく、その部分に金や銀の粉を付けて美しく補修する技術で、割れた部分を削り、接着し、金の部分がきれいに見えるように下地をつけ、研磨し、漆を塗ってその部分に金属粉を蒔きつけます。必要な道具は基本的に漆器、それも蒔絵に使う道具を使います。

本講座では継続して金接ぎを楽しみたい方のために、漆器制作に使う本格的な道具セット(税別約23,000円)と、廉価な入門セット(税別約7,000円)を希望者に事前販売します。道具セットの内容・購入方法は、講座申込み完了後にメールでお知らせします。道具をすでにお持ちの方は購入不要です。また補修用の器をご用意できない方には、適当な食器をモノ・モノで販売します(陶磁器は1客500円、漆器は1客1,000円程度)。

町田先生の金継ぎ道具
町田先生の金継ぎ道具

ご注意

・全クラス参加いただける方のお申込みを優先します。お客様の都合で欠席された場合の返金はいたしかねます。
・仕上げは錫粉または代用金粉を使用します。純銀粉、純金粉を使用される場合は別途費用をいただきます。
・まれに手袋をしていても、体質によって漆にかぶれる方がいます。本講座はイベント賠償保険に加入していますが、漆かぶれは保険適用外となります。あらかじめご了承ください。

お申し込みフォーム

※満席となりました。現在キャンセル待ちでのお申し込みを受け付けております。
受講をご希望される方は、下記のお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、ご送信ください。折り返し担当者よりお支払い方法をご連絡します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご職業

金継ぎ教室に行ったことはありますか。

金接ぎの道具はお持ちですか。

メッセージ・講師への質問があればご記入ください。

※当社が収集したお客様のお名前、メールアドレスなどの個人情報は当社の営業活動に限って使用させていただきます。

記事の一覧へ