Our history

モノ・モノの歴史

モノ・モノは、東京・中野にある古い集合住宅の一室にあります。創設したのは工業デザイナーの秋岡芳夫(1920-1997)。彼を中心とする有志の集まり、「グループ モノ・モノ」は、1970~80年代にかけて日本各地で独自の工芸デザイン(クラフト)運動を展開しました。

サロンの様子
モノ・モノサロンの熱気を伝える貴重な写真。左手奥には木工の人間国宝、須田賢司氏の姿も見える。

「モノ・モノ」ってどんなグループ?

みずからを「立ち止まったデザイナー」と称する秋岡芳夫が「グループモノ・モノ」を結成し、本格的に活動を開始したのは1971年。1960年代は急激な工業化が進み、手仕事で作られていた生活用品が機械で作られる大量生産品に取って代わられていく時代でした。

秋岡芳夫
竹とんぼ作りに取り組む秋岡氏。東京・目黒のアトリエにて。(撮影:堂六雅子)

「生活用品の画一化、使い捨てが暮らしの根底を揺るがす時代にわれわれは何をなすべきか、とことん話し合おう」と、秋岡芳夫が提唱。それに呼応して集まったのはデザイナー、クラフトマン、編集者、カメラマン、商社マンなど十数人。場所は東京・中野にあるマンションの一室。別名「104会議室」(※1)とよばれていた、このスペースは「組織のしがらみにとらわれず、会議方式による自由なモノ作りを目指す」ため、秋岡氏が1969年に開設。会議室はやがて交流の場となり、毎週木曜日の晩になると、どこからともなく作り手たちが集まり、「モノ・モノサロン」(※2)と称して深夜まで活発な議論がくり広げられました。

余談ですが、104会議室開設にあたって真っ先に用意されたのは、机ではなく5組の布団だったそう。「終電の時間を気にせずに、心ゆくまで語り合う場がほしかったんだ」という秋岡氏の当時の意気込みが感じられるエピソードです。

※1 参考文献:『工芸ニュース』1971年第1号(PDF)
※2 参考文献:『工芸ニュース』1971年第5号(PDF)

メゾンリラ
モノ・モノが入居している集合住宅の外観。1964年の東京オリンピックの年に竣工した。

秋岡芳夫とグループモノ・モノが残したもの

この「モノ・モノサロン」がきっかけとなり、モノ作りに関連するさまざまな先進的な試みが日本各地で行われました。その成果は『秋岡芳夫とグループモノ・モノの10年』(玉川大学出版部)や『DOMA 秋岡芳夫 モノへの思想と関係のデザイン』(美術出版社)といった書籍でくわしく紹介されていますが、ここでは代表的なプロジェクトを紹介します。

「今日のクラフト展」| 1971年

「もっと暮らしの中にクラフトを」というキャッチフレーズで秋岡芳夫とグループモノ・モノが最初に企画した展示会。「消費者をやめて愛用者になろう」という秋岡氏のメッセージは、仲間たちとともに考えることにより、プロジェクトとして次々と具現化した。作り手が販売に立ち会う「展示即売会」はいまでこそめずらしくないが、じつはグループモノ・モノが百貨店に先んじてはじめた販売手法だった。この展示会は丸善の各店にあるクラフト・センター・ジャパンの展示場を巡回し、マスメディアを通じ、グループモノ・モノの名前が全国的に知られるようになった。

クラフト展
「今日のクラフト展」の会場風景。工芸品の現代的な使い方を示す、斬新なスタイリング提案を行った。

「1100人の会」| 1975年

「ほれて作る、ほれられて作る、ほれて買う」、「人とモノ、人と人との原点的な関係を取り戻す」ために生まれた同好会。「会員は作り手100人、使い手1000人、顔見知りの関係を成り立たせるため1100人を限度とする」をモットーに、2013年まで38年もの間、作り手と使い手の密接な交流が続いた。具体的な活動としては、1月の新年会と6月の総会にくわえ、10月に地方の産地や工房を見学する「創会」が毎年行われていた。初代の世話役は長野市の民藝店オーナーだった横井洋一氏がつとめた。

「一人一芸の村構想」 | 1978年

秋岡芳夫は、モノの生産方式を「企業生産方式」「地場生産方式」「コミュニティ生産方式」に分類した。生活者が生産に参加しうるコミュニティ生産方式の復権を研究する組織が東北工業大学内に誕生したのを受け、岩手県九戸郡洋野町や北海道置戸町をモデルケースとして構想を実現。木工研修所の開設、木の学校給食器の導入など、先進的な取り組みがなされた。その後、洋野町では大野産業デザインセンターが、置戸町ではオケクラフトセンター森林工芸館が中核となり、町内の作り手を多面的に支援、現在も地域経済に大きな貢献を行っている。

大野木工
岩手県九戸郡洋野町で生産されている木の学校給食器(撮影:奥山淳志)。

生活道具店としてのモノ・モノの変遷

このようにモノ・モノは、秋岡芳夫とその思想に共感するクリエイターたちのボランティア組織としてはじまりました。プロジェクトの過程でさまざまな商品や作品が生まれ、それらは自然な成り行きとして中野の会議室で展示販売されるようになりました。販売業務の拡大にともない、1979年に有限会社モノ・モノが設立され、クラフトの流通にも取り組みます。

1980年代に入ると秋岡氏は日本人の暮らし方にあった家具や生活道具のデザインを手がけるようになります。座の暮らしを意識した「あぐらのかける男の椅子」や、カーペットスタイルの置き畳「い草カーペット」、畳を家具化した「箱TATAMI」などは、後に多くのコピー商品が出回るほど人気を博しました。また秋岡氏は暮らしや道具に関する多数の書籍や、新聞雑誌での連載を手がけ、多くの秋岡ファンがモノ・モノに訪れました。

旧モノ・モノの店内
改装工事前のモノ・モノの様子。マンションの一室をショールームとして使用していた。

しかし、1997年に秋岡氏が死去してからは、その存在は次第に忘れられ、モノ・モノがメディアに取り上げられる機会はめっきり少なくなりました。モノ・モノが入居しているマンションも老朽化が進み、グループモノ・モノの初期メンバーも高齢化するなど、歴史ある場を維持することが年々難しい状況になっていました。

戦後の工芸デザイン(クラフト)運動の“レガシー”ともいえる場所を再生し、ふたたび活気あふれる場所にしたい――。そんな思いから、モノ・モノは2015年6月に社長交代を行い、補助金、クラウドファンディングによる資金調達や関係者からの寄付金を得て、大規模な改装工事を実施しました。

新生モノ・モノが目指す、3つの社会的ミッション

従来のモノ・モノがはたしてきた役割はふたつあります。ひとつは「異世代・異分野の作り手が集まり、とことん意見を交わすサロン」としての機能。もうひとつは「もの作りを通じた社会的活動の拠点」としての機能です。これらのよき伝統は踏襲しながら、新生モノ・モノでは以下の3つのプロジェクトを今後進める予定です。

リニューアル後の店内
改装後のモノ・モノ。5LDKの間取りをスケルトンに戻し、広々とした空間を確保した。

(1)秋岡芳夫の理念を伝えるメディア運営

モノ・モノ創設者の秋岡芳夫は、暮らしやデザイン、木工に関する多数の著作を残しています。しかしながら、そのどれも絶版となり、入手困難となっています。当社では出版社や著作権継承者の許可のもと、書籍の一部抜粋し、ウェブサイトで定期的に公開しています。一定層の読者が見込める著作は単行本として復刊、もしくは電子書籍として閲覧できるように出版社に働きかけを行っていく予定です。

(2)昭和期のクラフトデザインのアーカイブ

インテリアや工業製品の世界では、ミッドセンチュリーとよばれる1940年代から60年代にかけて、多くの名作デザインが生まれています。日本のクラフト界も同様で、デザイナーの感性をあわせ持つ優秀なクラフトマンたちが、産地との深い関わりの中で、秀逸なモダンデザインを残しています。新生モノ・モノでは、こうした昭和期の名作クラフトを後世に残し、オンラインショップで継続販売できる仕組みを構築に取り組んでいます

(3)セミナー・勉強会の開催

地場産業の衰退とは対照的に手仕事を趣味にしたり、職業として目指す人がふえています。こうした動きはハンドメイドブームともいわれ、個人を中心とした新しい市場ができつつあります。また、デジタルファブリケーション技術により、パソコンひとつで立体物が造形できるようになりました。誰もが作り手となれる時代だからこそ、先人たちの言葉に耳を向け、生活者視点のもの作りや、手の内から生まれるデザインについて学ぶことが大切だと考えています。

モノ・モノの活動をもっと知るための書籍案内

秋岡芳夫とグループモノ・モノの10年―あるデザイン運動の歴史

新荘泰子著|玉川大学出版部|1980

1970年に活動をはじめた秋岡芳夫とグループモノ・モノの、その後の10年間の活動を記録した貴重な本。著者はモノ・モノ前代表の山口泰子(新庄泰子はペンネーム)。地域や地場産業の活性化のためのヒントが満載。

こちらの本はAmazonで購入できます。