トークイベント「作り手が集うことの意義」開催のお知らせ

今年で37年目を迎え、最後となる「木の家具展」(会期2018/11/6-12)のプレ・イベントとして、スペシャルなトークイベントを開催します。インターネットを通じ、瞬時に個人がつながる時代だからこそ、先輩たちの行動に学び、作り手同士が集まることの意義をあらためて問い直します。

主催
Crafter
開催日時
2018/09/22 14:00〜16:00
開催場所
モノ・モノ
参加方法
本ページ下部のフォームからご予約ください。
参加費
500円(税込) 先着20名・予約制
お問合わせ
03-3384-2652
谷さんと井崎さん

今年で37年目を迎え、最後の開催となる木工家のグループ展「木の家具展」(会期2018/11/6-12)。同展のプレ・イベントとして、豪華ゲストによるトークイベントを開催します。ゲストパネラーは、木工家の谷進一郎さんと井崎正治さんのお二人。聞き手はリトルプレス「Crafter」の編集人の菅村大全がつとめます。インターネットを通じ、瞬時に個人がつながる時代だからこそ、先輩たちの行動に学び、作り手同士が集まることの意義をあらためて問い直します。

工芸家はよくも悪くも孤立した存在だ。
だからこそ集まることに意義がある。
集まれば、どんな価値が生まれるのか。
木工家のグループ展を続けてきた、
谷進一郎、井崎正治の両氏と考えた。
(リトルプレス「Crafter」Vol2より)
クラフター「Crafter」Vol2

ゲストプロフィール

谷さん

谷進一郎(たに・しんいちろう)

木工家

1947年東京都生まれ。武蔵野美術大学で家具デザインを学んだ後、松本民芸家具で修業。26歳で独立し、創作と注文による木の家具制作を開始。以降、個展、グループ展で木工家具作品を発表する。国画会工芸部会員、「木工家ネット」主宰。

井崎さん

井崎正治(いざき・まさはる)

木工家、工房塩津村代表

1948年愛知県生まれ。15歳のときに木工所でろくろの修業をはじめる。23歳で独立し、蒲郡市に工房塩津村を設立。家具製作から建築設計、木彫まで幅広く活動する。木工塾を通じて後進の指導にも当たる。「木工家ウィークNAGOYA」実行委員長。

お申し込みフォーム

参加をご希望される方は、下記のお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、ご送信ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

職業または会社名

メッセージ・講師への質問があればご記入ください。

※当社が収集したお客様のお名前、メールアドレスなどの個人情報は当社の営業活動に限って使用させていただきます。

関連する記事
RELATED ARTICLES

記事の一覧へ