REPAIR

モノ・モノの金継ぎ修理サービス

当店では金継ぎによる陶磁器の修理を幅広くお受けしています。金継ぎとは、漆を使って陶磁器の割れや欠け、ひびなどを補修し、金属の粉をまぶして加飾する、古くから日本で親しまれてきた修理の技法です。ふちが欠けてしまった茶碗や、数片程度に割ってしまったお皿なら、金継ぎをすることでよみがえり、日常的に使えるようになります。

金継ぎ

食器修理の流れ

修理は、外部の専門家に委託しています。そのため器を店頭に持参されても、その場でお見積をすることができません。ページ下の修理の流れをご確認の上、お問い合わせフォームから見積を依頼してください。

修理は漆芸家の町田俊一さんが担当します。町田さんは日本工芸会正会員で、モノ・モノ(当店の実店舗)の金継ぎ教室の講師も務めているエキスパート。一点一点手作業で修復するため、1ヵ月ほど納期をいただきます。器の状態によって料金が異なります。以下の注意事項をご確認の上、お問い合わせフォームからまずは見積をご依頼ください。

修理担当者のご紹介

町田俊一さん

町田俊一(漆芸家)

1951年東京都生まれ。千葉大学工学部工業意匠学科卒業。同大学大学院修了。在学中に漆芸家の音丸香氏に師事。1978~2012年まで岩手県工業技術センター勤務。在職中に「浄法寺漆器の復興」に関する論文で博士号を取得。産地振興と浄法寺生漆の活用に関する研究を長年行う。2014年町田俊一漆芸研究所を設立。日本工芸会正会員。角川学芸出版『漆工辞典』執筆メンバー。

料金の目安(税別)

1.フチ欠け補修(1ヵ所) 3,000円~
2.ヒビ割れ補修(1ヵ所) 4,000円~
3.継ぎ合わせ(2~3片) 5,000円~
4.継ぎ合わせ(3片以上) 6,000円~(見積)
5.急須やティーカップの取っ手接合 10,000円~(見積)

※上記1~4はご飯茶碗を代用金粉で修復した場合の金額の目安です。器のサイズや破損の状態により料金は異なります。

  • フチ欠け補修フチ欠け補修(税別3,300円)
  • ヒビ割れ補修ヒビ割れ補修(税別5,000円)
  • 継ぎ合わせ(2~3片)継ぎ合わせ(税別5,500円)
  • 急須の取っ手接合急須の取っ手接合(税別8,000円)

ご注文からお届けまでの流れ

  1. 1.修理内容の確認

    本ページのお問い合わせフォームより、修理したい陶磁器の種類と状態をお伝えください。確認後、修理代金を無料でお見積いたします。
    ご指定がない場合、代用金粉(アルミの超微粒子を金メッキした粉)を使用します。銀で継ぎたい場合、骨董の器や抹茶碗等を純金で継ぎたい場合は、その旨お書き添えください。
  2. 2.お客さまよりご依頼品の送付

    見積金額でご了承いただけましたら、修理品を当店へお送りください。恐れ入りますが、送料はお客様でご負担をお願いします。実店舗への持込をご希望の場合は、あらかじめ来店日時を電話でお知らせください。
    <送り先>
    〒164-0001
    東京都中野区中野2-12-5 メゾンリラ104
    モノ・モノ 金継ぎ修理係
    電話:03-3384-2652
  3. 3.修理

    修理期間は1ヵ月ほどいただきます。現物確認後、見積金額よりも費用がかかることが判明した場合は修理着手前にご連絡します。再見積金額に納得いただけない場合はその時点でキャンセル可能です。金額了承後(修理開始後)のキャンセルはお受けできません。
  4. 4.修理済み品のお届け

    代金引換にて修理済み品を返送します。代引き手数料は330円(税込)です。返送料は660円(税込・全国一律)です。

金継ぎ修理の注意事項

  • ・お客様からの希望がない限り、金継ぎは代用金粉(LG粉)を使います。銀継ぎは錫粉を使います。古美術品の修復などで純金による金継ぎをご希望の場合は備考欄でお知らせください。
  • ・マグカップの取っ手を金継ぎで直した場合、重量に耐えきれず、取っ手が再び取れてしまうことがあります。このため使用時は取っ手を握らず、本体を手で直接持つようにしてください。
  • ・急須やティーポットの取っ手は、金継ぎではなく、和紙や布をかぶせてその上から漆を塗って補強します。デザインによっては修理できない場合もありますので、まずは写真をお送りください。
  • ・金継ぎを施した箇所は、熱や衝撃、ひっかき傷などに弱くなっています。接着面を痛めたり、金属粉で加飾した表面を傷めたりしないよう、洗浄の際は食器用中性洗剤や石けんをつけたスポンジでやさしく洗い、よくすすいだ後、やわらかい布巾で水分を拭き取ってください。食器洗浄機や食器乾燥機のご使用はお控えください。

よくある質問

ガラスの食器や漆器の金継ぎ修理はできますか。
漆器の金継ぎ修理は可能です。ガラスの食器は、形状や状態によりお受けできない場合がありますので、まずはお問い合わせください。
金継ぎした器は普通に使ってよいのでしょうか。
金継ぎを施した箇所は、熱や衝撃、ひっかき傷などに弱くなっています。接着面を痛めたり、金属粉で加飾した表面を傷めたりしないよう、以下のことに気をつけてください。
・冷蔵庫や水の中に長時間漬けない(接着剤である漆がはがれる場合があります)。
・電子レンジ、食器洗い機、食器乾燥機、オーブンは使用しない。
・たわし、クレンザーの使用は避ける(食器用中性洗剤や石けん洗剤をつけたスポンジでやさしく洗う)。
・金継ぎ部分を金属のカトラリーでつつかないようにする。
・食器を重ねて保管する場合は、金継ぎ部分がほかの食器と接触しないようにする。
金色以外でも継ぐことはできますか。
はい、可能です。継ぎ目の色は金、銀、朱、黒の4色から選べます。朱色と黒色は天然の漆を使用します。ご希望の方は備考欄でお知らせください。

お問い合わせフォーム

修理ご相談の際は、以下のフォームに沿って必要事項をご記入ください。見積金額算出には修理品の写真が必須となります。問い合わせフォームの画像添付欄を使い「器の全体がわかる写真」と「破損箇所の拡大写真」、最低2枚を両方をお送りください。

    お名前(必須)
    メールアドレス(必須) 
    電話番号(必須) 
    修理する器の材質(必須) 
    修理する器のサイズ(必須) 
    通信欄
    写真(必須)
    ※全体1枚・修理したい箇所各1枚以上/ファイル形式:jpg,png,gif/ファイル容量:1枚1000KB以内