胡桃山荘

木造住宅の新築、改修を検討中の方へ
住まいづくりもモノ・モノへご相談ください。

モノ・モノは2020年で創業50年を迎えました。これまでは木の器、木の家具をもっぱら提案してきましたが、今後は木の家も提案し、木の文化を幅広く伝える活動をしたい——そんな思いから、モノ・モノでは住まい相談のサービスを新たにはじめました。パートナーは大阪のエムズ建築設計事務所。モノ・モノの低座椅子を過去30年以上にわたって住まい手に提案、当社のショールームの改装も手がけた、木造住宅設計・改修のエキスパートです。新築はもとより、中古住宅やマンションのリノベーション、古民家の改修も実績豊富です。ご興味ある方は、下記フォームよりご連絡ください。

建築家・三澤文子が語る
エムズ流の家づくりとは…

エムズ建築設計事務所は、故・三澤康彦とともに設立した木造住宅専門のアトリエで、1985年に大阪府吹田市で設立しました。現在は私を含め8名のチームで、木造住宅の設計、中古住宅やマンションの改修設計を行っています。近年は設計事務所ではなく、ハウスメーカーや工務店に依頼して注文住宅を建てることができるようになりました。そんな中、プロの建築家に設計を依頼するメリットはどこにあるのか。私たちエムズ建築設計事務所に関していえば、3つの強みがあります。

(1)建築家が最適な材料を選定

建築家が材料をあらかじめ選定、工務店に支給することで、リーズナブルかつ高品質な木材で家を建てることができます。

(2)「住宅医」よる事前調査

中古住宅を改修する際は「住宅医」の資格を持つスタッフが建物の状態を診断。不具合を洗い出すことで新築同様の住まいへ再生します。

(3)アフターケア

竣工後のメンテナンスを工務店任せにせず、設計事務所が定期的に検診を行い、小さな不具合でも早期に発見し、予防します。

私たちが目指しているのは「赤ちゃんからシニアまで、健康で幸せに、毎日を過ごせる家づくり」。「職人の手仕事が存分に活かされた木の空間を、楽しみながら手入れをすることで愛着が増す家づくり」です。そんな住まいを求めている人は、ぜひ私たちにお任せください。

三澤文子
Profile

三澤文子 Fumiko Misawa

有限会社エムズ建築設計事務所・代表取締役。1956年静岡県生まれ。高木滋生建築設計事務所、現代計画研究所勤務を経て、1985年に故・三澤康彦とMs建築設計事務所を設立。大阪芸術大学非常勤講師を務める傍ら、1996年に木構造住宅研究所(後にMSDに改称)を設立、同年、MOKスクール大阪(木造住宅のプロ向けスクール)を開校。その後、岐阜県立森林文化アカデミー・木造建築専攻科教授、京都造形芸術大学通信大学院教授を歴任。既存木造住宅の調査診断のプロを要請する、一般社団法人住宅医協会の設立に尽力。2007年日本建築学会教育賞、2017年日本建築士会連合会優秀賞、2018年「中京・風の舎」にて国土交通大臣賞(最優秀)。著書に『最新版 最高の「木造」住宅をつくる方法』(エクスナレッジ)などがある。

詳しいプロフィールはエムズ建築設計事務所ウェブサイトへ

改修・新築の事例紹介

戸建改修

北秋津のいえ(埼玉県所沢市)

previous
next
previous arrownext arrow
Slider

築252年の骨組みが残る家。茅葺の屋根を取り除き、新たに2階を増築。近隣の来客のための土間スペースを玄関近くに設け、和室の続き間も空間構成はそのままにヒノキ板の仕上げに変え、現在の暮らしに合わせている。改修前は、外気と温度が変わらぬほど寒い家であったが、改修後はとても暖かく、暮らしやすいとの感想を住まい手からいだだいている。

詳しくはエムズ建築設計事務所ウェブサイトへ

マンションリノベーション

中京・風の舎(京都市中京区)

previous
next
previous arrownext arrow
Slider

マンションでは得られない風通しのよさを、間口いっぱいの玄関土間、建具の工夫、そして日本家屋に習った続き間の構成によって可能とした。廊下は、ピアノのあるライブラリーになり、76平米の限られた空間を無駄なく使いきっている。ベランダは帆布を使ったスクリーンを設け、ヒノキのデッキをつくって、アウトドアリビングとした。漆を塗った厚さ30mmの杉板や、杉の柱や差し鴨居は、戸建ての木の家であるかのような印象を与える。

詳しくはエムズ建築設計事務所ウェブサイトへ

戸建新築

UMA ハウス(東京都文京区)

previous
next
previous arrownext arrow
Slider

東京都内の小さな木の家。20坪に満たない敷地に木造準耐火構造の3階建て。「燃えしろ設計」により、構造材である柱や梁が力強く目に入る。子育て世代のための家事動線重視を念頭に、1階がキッチンとリビング、2階が水廻りとファミリークローゼット、3階を寝室としている。南の全面道路側には2階レベルに大きな窓を設け、目線をカットしながら明るさと冬の暖かな日差しを得ている。また、道行く人が、大きな窓を通して木の空間が味わえることを意図している。

詳しくはエムズ建築設計事務所ウェブサイトへ

住まい相談を受けられた方は
モデルハウスに宿泊できます。

木をふんだんに使った家にあこがれているけど、そのよさを体験したことがない——。そんな人のためにエムズ建築設計事務所では、住まい相談を受けられた方を対象に、モデルハウス宿泊をご案内しています。場所は長野県上伊那郡。高気密高断熱の木造住宅は、一年を通じて快適な室内環境で、冬場は薪ストーブも楽しめます。アイランドキッチンでの料理や、漆塗の浴室、太陽熱エネルギーを利用した空調システムなどもご家族で体験してみてください。

previous
next
previous arrownext arrow
Slider

詳しくはエムズ建築設計事務所ウェブサイトへ

よくある質問

Q.相談料はかかりますか。
A.初回のお打ち合わせに料金は一切かかりませんので、ご安心ください。漠然としたイメージでもかまいません。建築家・三澤文子が住まい手の考えや想いをうかがい、疑問点にお答えします。
Q.住まい相談はどこで受けられるのですか。
A.関東にお住まいの方でしたら、東京・中野のモノ・モノで定期的に相談会を行っています。関西にお住まいの方でしたら、エムズ建築設計事務所のアトリエで面談を承ります。それ以外の地域にお住まいの方でも気軽にご相談ください。
Q.打ち合わせや現場監理はどれくらいの頻度で行うのですか。
A.設計打ち合わせは、プレゼンテーションを含めて少なくとも4回以上行います。現場監理(設計士が設計図書の通りに工事が実施されているかどうかを確認する法的義務のこと)は、週1回を目安に行います。
Q.設計料の目安を教えてください。
A.建物工事金額の11~14%です。工事金額によって料率が細かく変わります。くわしくは面会時にお知らせします。
Q.契約から竣工(完成)までどのくらいの日数がかかりますか。
A.一般的な新築住宅の場合、ご契約からお引き渡しまで最短で1年半(18ヶ月)ほどいただいています。スケジュールについては、住まい手の方の希望にできるだけお応えしたいと考えています。面談時にご相談ください。
Q.工務店はご紹介いただけますか。
A.エムズ建築設計事務所には、腕利きの大工を抱える工務店との全国ネットワークがありますので、どうぞご安心ください。

お問い合わせフォーム

折り返し担当者(モノ・モノ)よりご連絡します。建築家との面談日調整は、モノ・モノが行います。

お問い合わせの種類
お名前
メールアドレス
電話番号
家族構成
建設予定地(市名・区名)
希望の延床面積
土地所有の有無(戸建ての場合)
敷地面積(戸建ての場合)
ご相談内容