モノ・モノの歴史

モノ・モノは、東京・中野にある古い集合住宅の一室にあります。創設したのは工業デザイナーの故・秋岡芳夫。彼を中心とする有志のボランティア組織「グループモノ・モノ」は、1970~80年代にかけて日本各地で独自の工芸デザイン(クラフト)運動を展開しました。

「モノ・モノ」ってどんなグループ?

みずからを「立ち止まったデザイナー」と称する秋岡芳夫が「グループモノ・モノ」を結成し、本格的に活動を開始したのは1971年。1960年代は急激な工業化が進み、手仕事で作られていた生活用品が機械で作られる大量生産品に取って代わられていく時代でした。

「生活用品の画一化、使い捨てが暮らしの根底を揺るがす時代にわれわれは何をなすべきか、とことん話し合おう」と、秋岡芳夫が提唱。それに呼応して集まったのはデザイナー、クラフトマン、編集者、カメラマン、商社マンなど十数人。場所は東京・中野にあるマンションの一室。別名「104会議室」(※1)とよばれていた、このスペースは「組織のしがらみにとらわれず、会議方式による自由なモノ作りを目指す」ため、秋岡氏が1969年に開設。会議室はやがて交流の場となり、毎週木曜日の晩になると、どこからともなく作り手たちが集まり、「モノ・モノサロン」(※2)と称して深夜まで活発な議論がくり広げられました。

余談ですが、104会議室開設にあたって真っ先に用意されたのは、机ではなく5組の布団だったそう。「終電の時間を気にせずに、心ゆくまで語り合う場がほしかったんだ」という秋岡氏の当時の意気込みが感じられるエピソードです。

※1 参考文献:『工芸ニュース』1971年第1号(PDF)
※2 参考文献:『工芸ニュース』1971年第5号(PDF)

秋岡芳夫とグループモノ・モノの10年―あるデザイン運動の歴史

[モノ・モノの活動をもっと知るための書籍案内]
秋岡芳夫とグループモノ・モノの10年―あるデザイン運動の歴史
新荘泰子著|玉川大学出版部|1980年11月発行
(amazon.co.jpにリンクします)

秋岡芳夫  Yoshio Akioka

秋岡芳夫
工業デザイナー、木工愛好家、著述家、教育者
1920年熊本県宇城市生まれ。東京高等工芸学校(現・千葉大学工学部)卒業。1953年に金子至、河潤之介らとKAKデザイングループを設立。消費社会の到来にいち早く警告を発し、“立ち止まったデザイナー”を名乗る。「暮らしのデザイン」「工作人間」「裏作工芸」「工房住宅」といった持論を実践し、日本各地で手仕事を通じた地域再生に尽力した。東北工業大学工学部教授、共立女子大学生活美術学科教授等を歴任。1997年没。