「女の椅子・生活で測って創ろう」前編

モノ・モノ創設者の秋岡芳夫は、暮らしや木工に関する多数の著作を残しています。本コーナーでは秋岡氏の本の中から、現代に通じる提言や言葉を掘り起こし、紹介しています。このエッセーでは身度尺(身体サイズにあわせてモノを作ること)の考え方を基準に、女性が使う椅子について考察されています。 後編はこちら

女の椅子

椅子も服や下駄のように、男ものと女ものが欲しいのだが、女の椅子は売っていない。箸は男ものと女ものとで作り変えてある。目方もほんの数グラムだが加減してあって、だから女の箸は女によく似合い、男の箸は男に使いやすい。夫婦の椀の径の二分ほどの違いは男と女の掌の大きさの違いをうつしている。椀を男女の掌のわずか数ミリの違いを大切にして作るように、女の椅子を女の好みの寸法に、男の椅子を男の身体に合わせてつくったら、さぞ使いやすくなるだろう。

「なぜ日本の女は子供のゲタを履いて街を歩くのか。踵がゲタから飛び出している。なぜ足と同じサイズのゲタを履かないのか?」と、アメリカの女。「足を小さく見せるためなんですよ。馬鹿の大足と言うコトワザがあるもんですから」とぼく。「ゲタからはみ出しているから足が大きく見えるのに」とアメリカの女。男ものの下駄が手許にあれば、履かせて見せてやればよかった。男ものの下駄を女が履いた恰好がいかにぶざまか。踵の出る小ぶりの下駄の方がどんなに女を美しく見せるか。見較べさせたかったが……。

男の下駄を履いた恰好ほどではないが、女がクッションの利きすぎたアームチェアーにどっかり腰を下した姿は、いただけない。応接間に飾物然と据えてあるソファーやアームチェアーに、心得た女は決して深々とは腰を下さない。ちょこんと座の端っこに尻をひっかけて坐る。肘には凭れない。両手はつつましやかに膝の上。うっかりソファーに沈みこんでしまおうものなら容易には立ち上れないことを女達は知り尽くしている。きれいに挨拶しよう。美しく紅茶をのみたい。そう計算して女達はちょこんとソファーに腰掛ける。

飾りものの応接セットは男も坐りにくい。あれは政治家気どりの男のためのもの。女には全く坐りにくい。女達も、女に休息椅子や応接セットが欲しいだろうに、まだ女専用に作った椅子を見かけたことがない。家族が揃って食事をしているのを見ていると、椅子の背凭れを使っていないのは女達だ。背中と背凭れの間を二〇センチも開けて座の前の方に掛けている。深く腰掛けると踵が浮くからだ。市販の食堂椅子が素足の女の坐り寸法を無視してつくってあるからだ。街用に作った椅子を家で使うからこうなる。街の椅子は土足用だから靴を脱いで腰掛けるとチビな男の踵も浮く。家で使う椅子は素足向きに、脱いだ靴のぶんだけは低く出来ていないと困るんだが、素足用に作った椅子を売っている家具店を見かけたことがない。どの店にも、並んでいるのは街用、土足用の椅子ばかり。

昼、オフィスで使う椅子なら男もの女ものの区別はいらない。職場の椅子のつくりは、女と男の仕事が似たりよったりになった昨今だから、同じでいい。高さも女がハイヒールで脛を男なみに長くしているから、男女共用の高さでいい。街の食堂の椅子の寸法も男女共用でいい。たかだか三、四〇分の間に坐る椅子だから、掛け心地もまあまあでいい。だが、家庭で使う椅子は、来る日も来る日も、毎日何時間も、ことによったら一生坐りつづけるものなのだから、とくに女の椅子は女のモノらしく吟味して作らないと女は生活に疲れる。いつまで女達は椅子の端っこにちょこんと腰掛けてくらすつもりなのだろうか。

家で男が欲しがっている椅子なら見当がつくが、女の欲しがる椅子は男のぼくにはよく分からない。「肘のついている椅子なのよ」といった子がいるが、なぜ肘つきがいいんだろう。両肘をついて縫物が出来るからなのか。 新幹線の椅子で懲りてる男は肘つき椅子が嫌いだ。東京発博多行に乗せられて、べったり博多の方をむいたっきりで数時間坐らせられた経験のある男は椅子の肘にうらみがある。こいつがなかったら横坐りも出来ようし、片あぐらもかけるのに。邪魔っけな肘め。

女の子の意見は違う。「新幹線の席には肘が必要なのよ。肘があるから隣の席にデブが坐っても私の席が確保できるのよ」家で男が欲しがっている椅子は肘なしの、あぐらのかける椅子である。席が広々としていて横坐りも出来る椅子である。肘があると、あぐらがかけない。「じゅうたんにじかに坐るの、とてもいい気持ちよ。椅子を脇に引き寄せてよっかかるの、とても楽」そうか、女は椅子を脇息がわりに使うことがあるのか。男のあぐらむきに作った椅子に女が坐ったらだぶん、男の下駄を履いた女のようにぶざまに見えるだろう。女にはやはり小ぶりの椅子が似合いそうだ。女の欲しい椅子と男の探している椅子とはかなり違うらしいから、女の椅子は女につくってもらうとしよう。家で使う椅子はめいめいのものを使うことにしよう。

後編はこちら

出典・著作の紹介

暮しのリ・デザイン

暮しのリ・デザイン

玉川大学出版部 | 単行本 | 1980

これまで取り上げてきた道具や話題を生活という尺度で測り直すと、また別の物語や提案が出てくるのが秋岡芳夫の発想のすごさだ。「国鉄が捨てたD51型蒸気機関車(愛称:デゴイチ)を拾って、薪を焚いてロクロや帯鋸じゃんじゃん回して木工やって、過疎の地の村おこしやろう」という提案にはじまって、話題はエネルギー問題から包丁の柄のデザインまで縦横無尽に広がる。裏作工芸の発想もこのあたりからはじまった。
こちらの本はAmazonでご購入できます。

※本ページの掲載記事の無断転用を禁じます。当社は出版社および著作権継承者の許可を得て掲載しています。

関連する記事
RELATED ARTICLES

記事の一覧へ